路地裏の牛ブログ

不動産投資信託(REIT)で、2030年、年間分配金240万円(税抜)を目指すブログ(「自分年金」づくり)

ジュニアNISA口座(未成年者口座)まとめ

子供の将来を考えて投資や資産運用を考えている保護者の方も少なくないと思います。そんな僕も娘たちのために「ジュニアNISA口座(未成年者口座)」を開設しようかと考えています。

まだ、開設していなかったの?って言われそうなんですが、自分の口座で、子供たちの資金も運用していたので、これまでは、あまり必要性を感じることもなかったのですが、年間分配金がNISA非課税投資枠120万円を超える状況になってきたので、遅まきながら考えはじめた次第です。

ジュニアNISAの正式名称は「未成年者少額投資非課税制度」です。2016年にスタートした制度で、僕もこの制度ができたことは知っていましたが、あまり詳しいことは調べていなかったので、改めて、勉強しなおしまして、調べた内容を簡単にまとめておこうと思います。

妻も関心持ってくれるといいな
路地牛

ジュニアNISAのメリット

通常、株式や投資信託等から得られる運用益には、20.315%(復興特別所得税を含む)が課税されますが、ジュニアNISAの場合は、年間の非課税投資枠80万円の範囲で最長5年間(80万円×5年間で最大400万円)非課税で運用することができます。

ジュニアNISAの対象者

ジュニアNISAは、日本在住で、口座を開設する年の1月1日時点で、19歳以下の個人が対象です。口座の名義人は、未成年のお子様になります。運用管理は原則として、両親や祖父母などの二親等以内の親族が代理で行います。

ジュニアNISAは期限付きの制度

ジュニアNISAは2023年までの期限付きの制度です。口座開設が可能な期間は2030年までです。ジュニアNISAの口座は1人1口座です。複数の金融機関で口座を開設することはできません。

ジュニアNISAは払出しの制限がある

原則、口座開設者が3月31日時点で18歳である年の前年の12月末まで払出しができません。
もし、途中で払出しをした場合、災害時等やむを得ない場合を除き、過去に非課税とされた利益にも課税され、口座も廃止されます。

開設時の年齢で異なるジュニアNISAの運用イメージ

①制度の終了前に20歳になる場合

2023年までに20歳になる場合は、20歳になる年の1月1日に自動的に大人版のNISA口座が開設されます。その際は、「NISA」か、「つみたてNISA」にするかを選択できるようですが、NISAを選択した場合は、ジュニアNISA口座内の金融商品を、NISA口座に移すことができます。

②20歳になるまでに制度が終了する場合

20歳になる前にジュニアNISA制度が終了してしまう場合も、20歳になるまでは、ジュニアNISA口座で運用していた資産を、非課税で保有し続けることができます。

2023年の制度終了後は、ジュニアNISA口座での新たな投資やロールオーバーはできなくなりますが、代わりに、ロールオーバー用の継続管理勘定へ、ジュニアNISA口座で運用してきた資産をロールオーバーできるようになります。

また、継続管理勘定で管理している金融商品を売却した場合は、売却代金等は払出し制限付き課税口座移されます。

ジュニアNISA利用上の注意点

ジュニアNISA口座を開設後は、金融機関の変更はできません。

配当金等の受け取り方法には制限があり、非課税のメリットを受けるためには、受け取り方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります。

株式数比例配分方式とは、配当金や分配金を
証券会社の取引口座で受け取る方式のことですよ
ウサ子

毎年付与される非課税投資枠(80万円)の再利用、繰越はできません。
特定口座や一般口座との損益通算もできません。

まとめ

ジュニアNISAの制度は2023年までの期限付きの制度ですが、非課税投資枠と、複利の力で、効果的に教育資金づくりに活用できます。また、子供の成長に合わせて、お金や資産運用について親子で考えたり、子供たちにも学ぶ機会を与えるきっかけにもなりそうです。

将来、僕が保有する株式等も、子供たちが相続すると思います。相続するのは、株式だけではなく、これまで身に着けてきた、お金に関する知識や、運用ノウハウのような目に見えない部分についても、ちゃんと、子供たちに伝えていきたいなと思いました。

投資資金1500万円の話

路地裏の牛です。 現在、投入している投資資金は、1500万円ですが、実は、私の全額出資ではありません。 内訳はこんな感じです。(年齢は今年の誕生日での年齢) ・私(45歳) 1160万 ・長女(7歳) ...

親子でNISA、証券会社はお決まりですか?

僕は、20代の時に複数の証券会社に口座開設をしていたのですが、最終的に利用しているのは、SBI証券さんだけです。そういうこともあり、妻にも、SBI証券さんをすすめて、口座を作ってもらいました。なので、娘たちのジュニアNISAの口座も、SBI証券さんで作ろうと思います。

我が家の場合、NISA&ジュニアNISAの非課税枠は、
僕(120万円)+妻(120万円)+長女(80万円)+次女(80万円)=400万円×5年=2000万円になります。

家族で非課税枠2000万円もあれば、投資の幅も広がりそうです。

ネット証券口座開設数No.1、460万人以上に選ばれている証券会社
SBI証券の口座開設はこちら

ブログランキングの応援はこちらから
にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ




FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

投稿日:2019-07-27 更新日:

Copyright© 路地裏の牛ブログ , 2019 All Rights Reserved.