PICK UP 投資雑記

【資産形成】兼業投資家が見誤ってはいけないこと

投稿日:

昔から時間とお金と場所に縛られない生き方に憧れていました。

いつか投資一本で生きていけたらという願望もあり、投資について調べたり、考えている時間は、私には、至福の時間かもしれません。

そんな私が投資のことを考えていると、あっという間に時間も過ぎてしまうのですが、その代り、夢中になりすぎると、おろそかになることが必ず出てきます。

それが何かと言えば、「本業の仕事に対する集中が途切れてしまう」ことです。

本業について

本業は、小さな会社の経営に携わるWeb系のエンジニアです。

会社にもいろいろと問題があり、日々、考えることや、早急に改善しないといけない課題が山積しています。

会社で投資のことを考えているような時、こういう問題から、目を遠ざけようと、逃げているだけのような気もしています。

たぶん、ちょっとした、現実逃避というやつなんだと思います。

資産形成で見誤ってはいけないこと

専業投資家に憧れる人は多いと思います。

私もその一人なのですが、資産形成が十分でない状況では、兼業投資家こそ成功の近道だと考えなければならないと思います。

本業をおろそかにしてはいけない

第一に考えるべきことは、「本業からの安定した収入で、生活基盤を安定させること」です。

生活基盤が安定しないことには、安心して中長期の投資もできません。

生活が安定していないと、資金をすぐ引き上げる必要が出てきたり、暴落に耐えられず損切してしまうとか、長い目でみた投資活動ができません。

本業を盤石なものにし、収入を安定させること、さらには、本業の収入を引き上げることに最善を尽くすべきなのです。

専業投資家はプレッシャーがきつい

専業投資家といえば、聞こえはよいですが、半端ないプレッシャーがかかる職業だと思います。

株式市場が上がろうが、下がろうが、生活に困らない最低限のお金を、毎月自分の力で稼ぎ出す必要があるのですから。

無収入どころか、損失が出て資金を減らしてしまうこともあると思うので、メンタルが相当タフでないと、できない職業かもしれません。

現実的に、勝ち続けることは難しいことです。

専業投資家より、兼業投資家の方が、心穏やかに生活していけるような気もしています。

専業投資家には憧れているぐらいの方が実は幸せなのかも・・・。

分配金(配当金)は再投資すること

国内リートに投資するようになって、5年4ヵ月が経過していますが、今のところは、100%再投資しています。

最初は分配金の額も小さなものでしたが、今は複利の力に魅了されている一人です。

始めたのは2014年で、最初の年の年間分配金は8万円でした。

それが今年2019年は、123万円まで育っています。

これまで再投資した金額を集計してみたところ、297万円になっていました。

私が始めたのは、41歳からなので決して早かったわけではありません。

20代や、30代のあなたなら、長期投資と複利の力を信じて、今すぐ行動に移して欲しいと思います。

私なんかより、もっと上を目指せると思いますよ!

まとめ

これまで国内リートに投資をしてこれたのは、本業からの収入があったからこそです。

本業からの収入が安定していなかったら、中長期で投資を考える余裕もなかったはず。

兼業投資家であることを、最大限に活用する道を選ぶべきだと思います。

ということで、現実逃避などせず、今日も本業の諸問題に取り組もうと思います。

最後は堅実な人が勝つと信じて。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ



-PICK UP, 投資雑記

Copyright© 路地裏の牛ブログ , 2019 All Rights Reserved.