投資雑記 PICK UP

【資産運用】人生は100年時代、50歳という人生の折り返し地点

投稿日:

私にとって、人生100年時代は身近なものだった。

明治生まれの祖父は109歳まで生き、大正生まれの祖母は105歳まで生きた。

そんな私も、50歳。

人としては、まだまだ、未熟でも、私も後半戦に突入する。

100年生きる準備を始めよう

先のことは分からない。でも、私にも、長生きのDNAが継承されていると思いたい。

妻や、娘たちには、あまり迷惑をかけないように、ボケずに、なるべく、長生きしてみたいと思う。

ただ、人生の途中で、「お金が足りなくなった」ということには、決して、ならないよう、準備を進めていきたいとも考えている。

ねんきん定期便・老齢年金の見込額

50代になると、「ねんきん定期便」に年金見込額が記載されるようになる。

私の老齢年金の見込額を、ねんきんネットで確認してみた。

受給開始時期 老齢年金額 月割り
65歳 2,038,312円 169,859円
70歳(42%増) 2,894,403円 241,200円
75歳(84%増) 3,750,494円 312,541円

現在の給与水準を維持したまま、60歳まで年金に加入したと仮定して計算されているらしいが、少子化も進行中だし、今後の年金制度改正によって、2割程度は削減される可能性も高いので、なるべく自力でも生活できるよう、資産形成を考えていきたい。

老齢年金の受給開始時期を決めよう

私は「年金=保険」と考えている。

保険とは、万一、起こってしまった場合、自分の力だけでは、リカバリーできない事態に備えるためのものだ。

この場合の、リカバリーできない事態とは「想定外に長生きすること」を意味する。

年金を何歳から受け取るかは、自身の価値観に沿って、決めるしかない。

私は、年金受給開始を「75歳」と決めている。

現時点では、そう考えているのだけれど、正解はだれにも分からない。

自分が何歳まで生きるかは分からないけど、たとえ120歳まで生きるとしても、できるだけ豊かに暮らせるように、毎月の年金受取額の最大化の道は模索しておきたい。

何歳まで仕事を続けるのか

漠然とした感情としてだが、仕事は、長くても、あと10年ぐらい、60歳まで、と考えている。

私自身、会社の創業にも携わってきた身だが、仕事への執着はない。

ただ、私のようなものでも、まだ、人を育てようという気持ちは残っているので、後継者を育て、任せられるようには、したいと考えている。

そういったことが叶えば、いい人生だったと、将来、言えるようになるかもしれない。

老齢年金を75歳から受け取る準備

60歳で引退するなら、75歳までの15年間は、自力で生活できなければならない。

仮に毎月の生活費を30万円に設定した場合、年間360万円、15年間では、5400万円が必要になる。

加えて、車の買い替えとか、リフォームとか、娘たちの、追加の教育資金・仕送りにかかる資金とか、医療費とか、私のおこづかい、も必要だろう。

少し余裕を持たせることも考えて、私は、今後10年で、8000万円~1億円の、資産形成を成し遂げるつもりだ。

思考は現実化する。

今一度、ナポレオン・ヒルの言葉を思い出そう。

・すべては「人の心」が決める

・「私はできる」そう考えた人だけが結局は勝つ

もし、あなたが負けると「考えるなら」

路地裏の牛です。 今日はあなたに、ナポレオン・ヒルの言葉を贈ります。 僕も、事あるごとに思い返している言葉です。 もしあなたが負けると「考えるなら」負ける。 もしあなたがもうダメだと「考えるなら」あな ...

準備において、最も大事なことは「私なら、成し遂げることができるという心構え」をすることではないだろうか。

老後に向け、すでに始まっていた、資産形成の歩み

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))」への投資を、私が始めたのは、2020年9月23日、最初はスポット購入から、小さく始めた。

その後、自信がついて、本格的に積立投資を始めたのは、2021年1月からである。

現在、iDeCo、NISA、特定口座のすべての口座で、この1本のファンドに、積立投資を続けている。

全口座まとめると、現在の状況(2023年2月23日時点)は、次ような感じになる。

保有口数 取得価格 評価額 評価損益 損益率(%)
16,015,990 23,825,672 25,957,114 2,131,442 8.95%
口座区分 積立サイクル 1回の積立額
iDeCo 毎月 23,000円
NISA
毎日
5,000円
特定口座 8,600円

2023年2月現在、毎月の入金力は、295,000円を維持している。

全世界株式インデックスの運用利回りは、これを書いている時点で、8.95%に達しているが、長期投資で考えると、5%~7%に収束すると私は考えている。

現状から、将来の運用資産額を予測すると、次の表のような結果になる。(初期投資額=現在保有している全世界株式インデックスの時価評価額)

初期投資額 積立期間 毎月の積立金額 運用利回り 将来の運用資産額
2595万円
10年
24万円
5% 80,007,644円
6% 86,544,389円
7% 93,691,067円
29万円
5% 87,771,758円
6% 94,738,356円
7% 102,345,307円

※毎月の積立金額を24万円まで引き下げても、今のところ目標には届きそうな感じ。具体的な数字を知ることは、積立投資のモチベーションアップにもつながります。

※予測には、アセットマネジメントOne社の「資産運用かんたんシミュレーション」を使わせていただきました。
http://www.am-one.co.jp/shisankeisei/simulation.html

現在の入金力を、いつまで維持できるか、という課題はあるにせよ(リフォーム・リノベーションの話も進行中、将来的な娘たちの教育費も未知数)、私には、自分が選んだ一本道で、ゆっくりでも、確実に、ゴールに向かって、歩みを続けているという、自負はある。

この先も、愚直に積立投資を続けること。余計なことさえしなければ、私が目標に届く確率も、さらに高まるはず。(と思いたい)

まとめ

何も行動を起こさなければ、資産は目減りしていくだけだ。

将来、幸福で、豊かな生活を送りたいと思うなら、他力本願は、速やかに、捨てなくてはならない。

自分の価値観で、計画を考え、できる範囲、自力で備える覚悟を決めることが必要だと思う。

その覚悟を決めるのが、早いか、遅いか、で、資産形成のスピードも、大きな差となって、表れてくるに違いない。

私自身、若かりし頃から、老後資金のことは考えていたし、今も考え続けている。

普段、将来のことを、漠然としか考えていない人は、将来を考える、十分な時間を確保してみてはいかがだろうか。

たまには、時間をかけて、自分を幸せに導く方法を、あなたも真剣に考えてみませんか?

牛の歩みも千里、未来のために種をまこう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Kindleストアで売れているものを確認してみよう



-投資雑記, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2024 All Rights Reserved.