妻の資産運用

【妻の資産運用】SBI・全世界株式インデックス・ファンドを売却

投稿日:

妻から証券口座の管理を任されている、路地裏の牛です。

株式投資で、数々の失敗を繰り返してきた私、「億り人」になれる才能はないのかもしれません。

それでも、妻の証券口座だけは、私の証券口座以上に、真剣に運用して、資産形成の結果を残そうと考えています。

結構、マジで。

昨年までに、妻が私を信じて用意してくれた資金は総額1000万円です。

今は正社員から、パート勤務になったので、資金が追加されることは、たぶん、ありません。

新型コロナウイルスの影響とか、いろいろありましたが、そういうのは、私だけではなく、投資をしている世界中の人に降りかかってきたものなので、つまるところ投資判断を誤った自分の責任なのですよね。

この1年ぐらいの反省から、私の運用方針も少し変わってきたと思います。

欲深きは身を亡ぼすということで、最近は「投資資産が20%上昇したら売却する」というルールを定めています。

本日の口座サマリー

まだ、1000万円には到達していませんが、あと少しで、元本割れが解消できるところまでには復活してきました。

本日の売却注文

特定口座の「SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド」が20%上昇していたので、全て売却する注文を入れました。

買付余力が復活したら、「SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の毎月1万円ぐらいの積立買付を始めようかと考えています。

今後の見通し

実は、投資法人みらい(3476)も20%以上、上昇していたので、売却を考えなければならなくなりましたが、もう少し考えようと思います。

妻の証券口座では、J-REIT(不動産投資信託)とインフラファンドを合わせて、現時点の利回りで考えると、分配金は年間26万円(税抜)ぐらいになるかと思います。

それが確認できたら、毎月2万円ぐらいまでは、「SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド」の積立買付を増やす予定でいます。

さらに、2023年以降かもしれませんが、世界中で新型コロナウイルスが完全収束し、インヴィンシブル投資法人(8963)の分配金も完全復活して、当初の目標通り分配金が年間3400円まで上昇してくれたら、毎月4万7千円までは、積立買付を増やせると思うので、しばらくは「時間」に投資しようと思います。

妻が65歳になるまで、あと、20年、まだまだ時間はあるよね。

妻の未来のために種をまこう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

-妻の資産運用

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2021 All Rights Reserved.