妻の資産運用

【妻の資産運用】2019年を振り返る

投稿日:

妻の資産運用は、2019年3月5日からスタートしました。

自分の運用方針に自信を深めていた私は、数年前から妻に証券口座を開設するよう、打診・説得をしていたのですが、ようやく今年、開設してくれました。

妻が用意した資金は、500万円でした。(金額は私への信頼の証と考えておきましょう)

まずは、一安心です。

これで、妻の資産を増やしていくことが可能になりました。

実際の運用は私が代行しているため、運用方針などは、100% 私の完全コピーです。

当然、買付時期の差はあるのですが、その時々の運用判断は同じ方針で行われています。

私と妻では投資を始めた時期が5年も違うため、最初は私の運用方針がどこまで通用するのか、不安もあったのですが、2019年12月31日の終値ベースでは、121万円ほど、資産は増えている感じです。

ちゃんと確認はしていませんが、たぶん、私の時より、早いペースで資産は増えていると思われます。(私の時は、最初は結構、試行錯誤がありましたので)

現時点で、妻の保有する銘柄から、2020年に受け取る予想年間分配金は、292,579円(税引後)です。

ポートフォリオの実質利回り = 292,579円 ÷ 500万円 = 5.852%(税引後)

となります。

長期的に保有を続け、分配金の再投資を行えば、確実に資産は増えていきます。

このままでも、妻が65歳の時には、1600万円(年間分配金93万円)を超えるところまでは成長するでしょう。

2020年に向けて

中長期で考えると「貯蓄割合<投資割合」の方が資産は確実に増えると思います。

今年、妻には、「資産を生み出すための資産を買う」意味を理解してもらえたのかなと思います。

来年は、妻の資産が増えるスピードをさらに上げていきたいので、妻にも、貯蓄から投資へを推進してもらうべく、年末年始はやんわり説得を試みているところです。

最低でも、2020年のNISA投資可能枠を埋められるぐらいのお金か、それ以上のお金を早々に入金してもらう予定です。

夫婦で合算してみた

妻は合算を喜ばないかもしれませんが・・・

2019年12月31日の終値ベースでは、

 運用資金:21,850,000円(自己資金)
時価評価額:35,464,740円
  含み益:13,614,740円
年間分配金:1,607,595円(税引後、2020年予測)
  利回り:7.357%(税引後)

となります。

年間分配金が、160万円に達していることが、私にとっては、ちょっとしたサプライズでした。

この先も夫婦円満なら、年間分配金240万円や、運用資産1億円の達成も早まるかもしれません。

引き続き、ボクの妻の資産も、翌年以降の受取分配金の最大化を考えて育てていきます。

方法は公開していますので、来年は、あなたも一緒に取り組んでみませんか?

【路地裏の牛の資産形成】翌年以降の分配金利回りを最大化する方法

思いつきや、無計画な資産形成を試みても、成功できる保証はありません。 いかなる信念もなく、やみくもに短期売買を繰り返しているようでは、投資資金を徐々に目減りさせていくだけです。 たとえ、それが自分のお ...

-妻の資産運用

Copyright© 路地裏の牛ブログ , 2020 All Rights Reserved.