投資雑記 PICK UP

「今後30年以内に70~80%以上の確立」で発生する投資リスク

投稿日:

投資するなら、なるべくリスクには近づかないようにしたいものです。

政府の地震調査委員会によると、南海トラフ巨大地震は「今後30年以内に70~80%以上の確率」でおこるそうです。

想定される地震の規模は、M8~M9クラス、この巨大地震がおきると、富士山が噴火する可能性も高まるようですが、日本全体で、どれほどの被害が出るのか、私には想像もつきませんが、日本経済が壊滅的な状況に陥ることは予想できます。

通常、大震災レベルの地震が発生した場合、復興には10年以上の歳月がかかり、また、莫大な復興資金も必要になりますが、南海トラフ巨大地震の場合、被害を受けるエリアが、かなり広いので、途方もない時間と、お金が必要になるだろうと思います。

少子高齢化が進む、低成長経済の日本には、かなり重い負担が、のしかかりそうです。。

大震災となれば、政府や行政の支援も、中々、届かないことが予想されるため、どんな困難な状況に追い込まれても、家族を守れるだけのお金は、自分たちの力で、何とか準備しておきたいなぁ、と思います。

 
南海トラフで発生する地震
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kaiko/k_nankai/

南海トラフの地震活動の長期評価(第二版)の概要資料
https://www.jishin.go.jp/main/chousa/13may_nankai/nankai_gaiyou.pdf

 
南海トラフ巨大地震の平均発生間隔は、88.2年です。

現在の地震後経過率は、0.85 ⇒ 85%まで、エネルギーが充填されているということです。

2030年代には大地震がおこるかもしれません。

10年後、私は58歳、妻は55歳、長女は20歳、次女は16歳です。

日本株式に投資をしている場合、株価暴落は避けられないでしょう。。

私自身、投資は一生涯続けるつもりですが、大震災がおきて、老後の資産を半減させるようなことがあってはたまりません。

資産ポートフォリオの中で、日本株式の割合をどの程度に抑えるか、自身のリスク許容度とも相談して、必要に応じて、リバランスを行うべきでしょうか。

とりあえず、私は、全世界株式インデックスへの投資で、リスク分散をはかるつもりです。

 
牛の歩みも千里、未来のために種をまこう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

-投資雑記, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2021 All Rights Reserved.