インデックス投資 PICK UP

FIRE 毎月の積立額を資産換算してみよう

投稿日:

この記事を読まれる方の中にも、FIRE( Financial Independence Retire Early)を目指している方がいるかと思いますが、FIREの前に、あらためて、今の自分の仕事の価値を、見直すことも、大事なことではないかと思います。

FIREを目指す手段として、S&P500・全米株式や、全世界株式インデックスへの「積立投資」をされている方の場合、RE(早期リタイア)するということが、どういうことか、あまり深く考えていない人も多いのではと感じています。

積立投資の「毎月の積立額」を労働収入ではなく、「資産収入」から得るとしたら、「保有資産額」はいくら必要なのかという視点で考えてみましょう。

全世界株式インデックスで「長期・分散・積立」投資をする場合の利回りは、5~7%ぐらいに収束していくので、ここでは、利回りを 6% に固定し、「毎月の積立額」を得るために必要な「保有資産額」を計算して表にまとめました。(税率:20.315%)

単位は「円」です。

毎月の積立額 保有資産額 毎月の積立額 保有資産額
10,000 2,509,883 200,000 50,197,654
20,000 5,019,766 225,000 56,472,360
30,000 7,529,648 250,000 62,747,067
40,000 10,039,531 275,000 69,021,774
50,000 12,549,414 300,000 75,296,480
60,000 15,059,296 325,000 81,571,187
70,000 17,569,179 350,000 87,845,894
80,000 20,079,062 375,000 94,120,600
90,000 22,588,944 400,000 100,395,307
100,000 25,098,827 425,000 106,670,014
125,000 31,373,534 450,000 112,944,720
150,000 37,648,240 475,000 119,219,427
175,000 43,922,947 500,000 125,494,134

この表では「保有資産額」を年利 6% で運用すると「毎月の積立額」に相当する金額を得られるという見方ができますが、例えば、(労働収入から)毎月5万円の積立をされている方なら、その方の仕事は「約1,255万円の保有資産額」と同等以上の価値があるという見方もできると思います。

RE(早期リタイア)するということは「毎月の積立額」に応じた「保有資産額」以上の価値を持つ「労働資産」を捨てることと同じです。

FI(経済的自立)の達成は素晴らしいことですが、RE(早期リタイア)については、後々、後悔がないように、よくよく考えて、決断される方がよいのではと思います。

牛の歩みも千里、未来のために種をまこう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


いくらあれば、FIREできますか?運用資産の目安

「FIRE」は、会社から早期リタイアし、経済的な自立を目指す「新しい生き方」です。 FIRE には前段・後段があり、前段の Financial Independence(FI、経済的自立)状態をなるべ ...


FIRE 最速で経済的自立を実現するには

あなたの最速と、私の最速は、同じにはならない。 最速とは相対的なものだから。 最速と最短も違う。 たぶん、最速=最短とは限らないから。 時間がかかっても=「自分にとっては最速」だったりするのかな。 最 ...

モニターライトですが、これ私も買いました!
Amazonのレビューはいまいちですけど、私は満足してます。

-インデックス投資, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2022 All Rights Reserved.