投資雑記

老後を見据えた資産運用

投稿日:2015-05-21 更新日:

路地裏の牛です。

長い間、株式市場とは距離を置き、なるべく近寄らないようにしてきました。株式投資には、高校生ぐらいの時から興味を持ち始め、社会人になって、3年目ぐらいの1998年4月から始めましたが、2001年3月までの3年間で、284万円ぐらいの損失を出してしまい、退場を決めたのでした。。。

独身時代の、ボクの苦い思い出です。
今、振り返ると、精神が幼すぎ、欲深さと、根拠のない自信も仇となり、損切りが出来ずに失敗したのだと思います。その中でも、銘柄・買値へのこだわりは最悪な結果をもたらしました。根拠もないのに、自分の買値より、上がると思っているのですから・・・

時が立ち、ボクも大人になりました。家族(妻・娘・おなかの中にもう一人)もでき、20代の時とは状況も異なります。おなかの中の子供が社会人になる頃には、ボクも64歳です。日本の人口も減り、年金の支給年齢も70歳以上になっていると思いますが、子供たちには迷惑をかけないように、今から老後を見据えた資産運用をしていきたいと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

-投資雑記

Copyright© 路地裏の牛ブログ , 2019 All Rights Reserved.