インデックス投資

インデックス投資 PICK UP

2022/4/17

混沌とした時代 vs 欲張らない投資

今、世界は混沌としています。 世界経済への影響も、新型コロナウイルスだけではなくなりました。 どこの国に、どんな経済的影響が出てくるか、分からなくなっているような気がしています。 頑張らない投資でも十分ではないか 今、私は、全世界株式インデックス投資をしています。 過去10年ぐらいのチャートを見ると、米国株インデックス投資の方が、効率がいいというのは分かりますが、万が一、米国経済が不調に陥った時のことを考えると、悔いが残りそうだと考えています。 全世界株式インデックス投資での失敗なら悔いは無し 私にとって ...

インデックス投資 PICK UP

2022/3/24

FIRE 毎月の積立額を資産換算してみよう

この記事を読まれる方の中にも、FIRE( Financial Independence Retire Early)を目指している方がいるかと思いますが、FIREの前に、あらためて、今の自分の仕事の価値を、見直すことも、大事なことではないかと思います。 FIREを目指す手段として、S&P500・全米株式や、全世界株式インデックスへの「積立投資」をされている方の場合、RE(早期リタイア)するということが、どういうことか、あまり深く考えていない人も多いのではと感じています。 積立投資の「毎月の積立額」を ...

インデックス投資 PICK UP

2022/3/21

SBIで私が積立投資の頻度「毎日」を続ける理由

積立投資の頻度「毎月」「毎週」「毎日」の違いは誤差の範囲内でしかないそうです。 ドル・コスト平均法のことを知ったばかりの人なら「毎日」の方が時間分散効果は高いように感じられると思いますが、実際は大差がつくことはないのです。 頻度についてはどれを選んでも大丈夫なので、安心して欲しいと思います。 大切なことは、どの頻度を選んだとしても「長く続ける」ことです。 そうは言っても、私は「毎日」を好んで選択していますが、なぜでしょうか? 普通、投資できるお金には限りがあるので、予算通りに消化していくことを考えると「毎 ...

インデックス投資 PICK UP

2022/3/20

インデックス・ファンド投資で失敗しないために

積立投資での資産形成には時間がかかります。 単に、だれかのマネだったり、漠然とした気持ちで選んだファンドでは、時々おこる暴落にも耐えきれず、途中で積立を諦めることになるかもしれません。 今、あなたは、本当に自分が納得できるインデックス・ファンドに積立投資していますか? たった1本のインデックス・ファンドに積立投資 私もインデックス投資を始めた当初は、何を選んだらよいのかで、かなり迷いました。 数種類のファンドに手を出してみて、自信を持てずに、途中ですべて売却したこともありました。 ある日、それではいけない ...

インデックス投資 PICK UP

2022/3/7

全世界株式、毎日積立を1年以上続けてみて

今週の金曜日、3回目の新型コロナワクチンの接種を受ける予定です。 接種2回目では、39度4分の熱が出たので、少々ビビっているのですが・・ 新型コロナウイルスは、私に、インデックス投資する、きっかけを与えてくれました。 それまでは、J-REIT(不動産投資信託)・インフラファンドの個別銘柄投資をしていたので、180度、投資のやり方も変わったような気がします。 毎日積立はここから始まった!(本人も忘れていましたが、毎日積立はネタで始めていたようです・・) 投資するインデックスファンドを決めたら、後はやるだけ ...

インデックス投資 PICK UP

2022/3/6

インデックスファンド乗り換え衝動との付き合い方

私が、Financial Independence(FI、経済的自立)の夢を叶えたいと思い始めたのは、20代の時です。 その気持ちは今でも変わっていません。 今はこの記事のような投資を続けながら、FI を目指しています。 iDeCo、NISA、特定口座で、SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))を「毎日・毎月・スポット」積立しています。 いつのまにか、雪だるま(全世界株式)に全集中になっていますが、自分のやり方で、本当に FI の夢が達成できるか迷わない日はありません。 そ ...

インデックス投資 PICK UP

2022/2/28

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))と本家VTの比較

SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))は、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用されています。 3つのETFを組み合わせた運用のため、VT一本で運用されるファンドと比べると、運用効率はあまり高くないという評価をされることが多いようですが、実際にどれほどの違いがあるのか、本家VTと比較してみました。 雪だるま(全世界株式)の特色 雪だるま(全世界株式)の運用は「ファミリーファンド方式」で行われています。 ファミリー ...

インデックス投資 PICK UP

2022/2/23

世界の経済成長は鈍化している、IMF世界経済見通し

国際通貨基金(IMF)の経済成長率予測(2022年1月)によると、世界の経済成長は鈍化していくようです。 米国株に集中投資している人や、新型コロナのパンデミックに突入してから、投資を始めた人にとっては、これからの数年、試練の時が訪れるかもしれません。 IMF世界経済の成長見通し(実質GDP成長率の変化) 2022年1月のIMF世界経済の成長見通しでは、世界全体で経済成長が鈍化するという予測が出されました。 中でも、米国は、世界の経済成長より、低成長になる見通しが出ていて、厳しい状況に追い込まれていきそうな ...

インデックス投資 PICK UP

2022/2/22

インデックス積立投資で米国株が暴落した時どうする?

インデックスの「長期・分散・積立」投資では、長期的に右肩上がりになる投資先(S&P500、全米株、全世界株など)を選ぶことが大切です。 そして、その中でも、最もウェイトが高い米国株の暴落に備えることが、精神的にも重要となります。 米国株が暴落する時に必ず出てくる迷いと、その付き合い方とは・・ ・平均取得単価を下げるために買い増しをする方がよいのか? ・暴落が収まるまで積立をやめる方がよいのか? 米国株もいつかは暴落します 米国にも、課題は山積しています、景気にも循環があり、米国株も万能ではありませんが、米 ...

インデックス投資 PICK UP

2022/2/21

私が見たいのは、進撃の「雪だるま(全世界株式)」なんだが・・

eMAXIS Slim シリーズが多くの人たちに支持されていることは間違いない。 「業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続ける」というコンセプトのもと、「Slim」というネーミングの勝利だとも思える。 多くの人たちに、崇高な精神のようなイメージを抱かせる、ブランド戦略って、とても大事なことなんだなと素直に思える。 普段、私が、投資関連のサイトを見ていると、eMAXIS Slim のバナー広告がたくさん表示されるのだけれど、ファンドの人気は、マーケティングにかけられる広告予算の違いにも、かなり影 ...

インデックス投資 PICK UP

2022/2/16

全世界株式インデックスを選んだ、積立投資家の悩み

インデックス投資を始める時、ほとんどの人が悩むのは「米国株式」か「全世界株式」、どちらを選ぶかです。 そして、「全世界株式」を選んでからも、自分は正しい判断をしたのだろうかと、悩み続けることがあります。 隣の芝生は青く見える 私も「全世界株式」を選びましたが、投資信託のランキングなどを見ていると・・ S&P500 の、あまりの人気ぶりに、心が揺らぎます。 たぶん、私たち「全世界株式」派は、雑音に耳を傾けてはいけないのです。 ランキングを見たり、他人と比べるようなことも、してはならぬのです。 迷った時は初心 ...

インデックス投資 PICK UP

2021/8/1

雪だるま(全世界株式)に毎日積立するメリット

IMFの世界経済見通しによると、全世界GDPの成長率は、2020年は-3.3%、2021年は6.0%、2022年は4.4% です。 全世界株式インデックス投資を行うというのは、この世界経済の成長に乗るということです。 全世界株式インデックス投資 一番人気の eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) は、日本を含む先進国ならびに新興国の株式に投資し、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用が行われています。 信託報酬は 0 ...

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2022 All Rights Reserved.