インデックス投資 PICK UP

インデックス積立投資で米国株が暴落した時どうする?

投稿日:

インデックスの「長期・分散・積立」投資では、長期的に右肩上がりになる投資先(S&P500、全米株、全世界株など)を選ぶことが大切です。

そして、その中でも、最もウェイトが高い米国株の暴落に備えることが、精神的にも重要となります。

米国株が暴落する時に必ず出てくる迷いと、その付き合い方とは・・

・平均取得単価を下げるために買い増しをする方がよいのか?

・暴落が収まるまで積立をやめる方がよいのか?

米国株もいつかは暴落します

米国にも、課題は山積しています、景気にも循環があり、米国株も万能ではありませんが、米国は強い国です。

たとえ、米国株が暴落しても、慌てないように、日頃から自分の行動方針だけは考えておきましょう。

米国株が暴落する時に必ず出てくる迷いと、その付き合い方について、考えてみましょう。

米国株が暴落した時の心構え

インデックス投資を「長期・分散・積立」投資を前提で始めたのなら、まずは「目先の評価損は気にしても仕方がない」と考えなければなりません。

平均取得単価を下げるために買い増しをする方がよいのか?

余裕があるなら買い増しはアリかもしれませんが、下がっている時は、どこまで下がるか分かりませんし、底値を見分けるのも難しいです。

余裕資金の100%を一括投資する場合、買付後にさらに下落が続くリスクもあるため、やめておいた方がいいと思います。

スポットで買い付ける場合も、なるべく時間分散を考えて投資してみてください。

暴落が収まるまで積立をやめる方がよいのか?

価格が下がっても、上がっても、積立投資を途中でやめるのは得策ではありません。

自分を信じ、ドル・コスト平均法を信じて、長期投資の初心を貫くことが大切です。

暴落時は安く買えるチャンス到来と、前向きに考えるようにしましょう。

元々、始めた長期投資は、相場の予測は不可能という前提で、ドル・コスト平均法で購入していたはずです。

途中、上がったり、下がったりは、何度、繰り返しても大丈夫、短期の含み損も問題ありません。

10年、15年の長期視点で考えれば、持ち続けた人だけが、確実に資産を増やせるのですから。

まとめ

長期的視点を持ちながら、暴落を耐える経験をした人はもれなく強くなれます。

自分の軸を持ち、最初の投資方針にあった投資方法を貫くことで、人はもっと強くなれると思います。

牛の歩みも千里、あなたの心にも未来のための種をまきたい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


「長期・分散・積立」投資を信じれば、普通の人でも老後は大丈夫!

今月49歳になる、路地裏の牛です。 ここ数年、視力の低下(いわゆる老眼ですね)を感じていて、私の人生もそろそろ折り返しのようです。 金持ち父さん、貧乏父さんの本から学んだ「経済的自由」は、20代の時か ...


年間平均利回り6%を目指して

私は全世界株式インデックスへの「長期・分散・積立」投資で、年間平均利回り6%を目指しています。 投資経験が浅い人、投資を知らない人、からすると「6%で運用できるはずがない」と思われるかもしれませんが、 ...

あなたが知りたいすべてはこの本の中にある・・

モニターライトですが、これ私も買いました!
Amazonのレビューはいまいちですけど、私は満足してます。

-インデックス投資, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2022 All Rights Reserved.