投資雑記 PICK UP

新型コロナとREIT投資で含み損1000万円をかかえてみて

投稿日:

自分史上、最大規模の含み損 -10,284,521円 をかかえている路地裏の牛です。

「含み損」とは、株式など保有資産の時価(=現在の市場価格)が簿価(=購入時の価格)よりも下回っている場合の差額のことをいいます。

ただし、含み損は、その時点での評価としての損失であって、実際に売却するまでは損失は確定されません。

少し前まで、1000万円を超える含み益をかかえていたのに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が状況を一変させました。

今、私が感じていることを少し書いてみようと思います。

相場の急落では、気持ちは落ち込まなかった

コロナ禍の今、運用資産の92.5%を、ホテル主体型の「インヴィンシブル投資法人(8963)」に投資しているなんて大変ですね、って言われそうなのですが、

「何ということでしょう」

ビフォーアフター風の声が、いつも心の中に聞こえてくるのですが、特に動揺することもなく、日々、元気に暮らせています。

もし、投資にまわした資金が、数年先の使い道が決まっているような資金だったら、こうはいかなかったかもしれません。

相場急落より、衝撃を受けたこと

2020年5月11日、インヴィンシブル投資法人(8963)から「2020年6月期(第34期)の運用状況及び分配金の予想の修正に関するお知らせ」が出されたことです。

このお知らせで、1口分配金が、1812円から30円に減額され、今後の投資についても、いろいろと考えさせられました。

J-REITでも、こんなに、あっけなく、分配金って、減らされてしまうこともあるんだな、と。

それまで翌年以降の分配金の最大化ばかり考えていた、私にとっては、結構、ショッキングな事件でした。

ホテル系REITで損失を出している君へ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界中の人々の移動を大きく制限してしまいました。 そして、今まで、経験したことがない状況に、世界中が恐怖し、戸惑いを感じているようです。 ほとんどの国で ...

インデックス投資に目を向けるきっかけになった

これまで、国内REITやインフラファンドの個別銘柄を中心に投資活動を行っていましたが、インデックスファンドや、国際分散投資にも目を向けるようになったことは収穫でした。


投資信託「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))」なら、これ1本で勝負できる!

こんな悩みをかかえていませんか? ・資産運用を始めたいけど、何をしてよいのかわからない。 ・資産運用は趣味ではないし、どちらかと言えば、苦手な方かも。 ・資産運用はすでに行っているけど、毎年ころころと ...

特殊注文をおぼえた

新規の個別株投資では特殊注文(IFDOCO、OCO)を使うようになりました。

SBI証券の特殊注文を使いこなそう!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)には散々な目にあわされていますが、これも全ては、わたしのリスク回避能力のなさによるところが大きかったと反省しています。 では、どうしておけばよかったのか? ...

まとめ

今年は我が家も実家への帰省を見送りました。

世の中や、自分の会社、投資先などが、いつまで耐えられるのかは分かりませんが、感染予防に気を付けながら、ワクチンや特効薬が出るのを待ちつつ、投資を続けていければと思います。

投資を続けていくにも、健康が一番です。

全国的に新型コロナの感染拡大が続いていますが、皆さんも感染予防に気を付けて、未来のために種まきをしていただければと思います。

 
未来のために種をまこう!

-投資雑記, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛ブログ , 2020 All Rights Reserved.