インデックス投資 PICK UP

全世界株式インデックスを選んだ、積立投資家の悩み

投稿日:

インデックス投資を始める時、ほとんどの人が悩むのは「米国株式」か「全世界株式」、どちらを選ぶかです。

そして、「全世界株式」を選んでからも、自分は正しい判断をしたのだろうかと、悩み続けることがあります。

隣の芝生は青く見える

私も「全世界株式」を選びましたが、投資信託のランキングなどを見ていると・・

S&P500 の、あまりの人気ぶりに、心が揺らぎます。

たぶん、私たち「全世界株式」派は、雑音に耳を傾けてはいけないのです。

ランキングを見たり、他人と比べるようなことも、してはならぬのです。

迷った時は初心に戻ろう

忘れていませんか?

なぜ、私たちが「全世界株式」を選択したのかを・・

今のご時世、「全世界株式」を選んでも、約6割は「米国株式」でできています。

当然、私たちも、米国の経済成長の恩恵は受けられます。

今、最も勢いのある「米国株式」派からは、4割の恩恵が受けられないじゃないかと、ご指摘が入るかもしれません。

でも、私たちは、その4割を失ってでも、確実に「リスク分散」する道を選んだのです。

分散投資によるリスクヘッジの観点から考えても、投資先はなるべく分散されている方が有利です。

私たちが選んだのは、十分にコスト(信託報酬)の安い、「時価総額加重平均」を採用した「全世界株式」インデックスファンドです。

1つの国を過信するのをやめ、どの国が不調になったとしても、決して大ダメージを受けないよう、このインデックスを選んだはずです。

長期的には世界経済は発展し続けると考えられています。

「全世界株式」にとっては、どの国の経済が成長するとか、どの国の経済が破綻するとか、そんなことは考えなくてもよいことになっています。

各国の経済力のパワーバランスは、時価総額加重平均となって、自動的にアセットアロケーション(資産配分)に反映されるため、世界の経済情勢を把握する必要もありません。

全世界が経済発展すれば、取りこぼすことなく、もれなく、恩恵を受けられるのが、「全世界株式」のメリットなのですから。

私たちは何も恐れることはないのです。

まとめ:「全世界株式」派にとってのゴールとは

思い違いをしてはなりません。

「米国株式」派に勝つことが、「全世界株式」派の勝利ではありません。

勝ち負けの問題ではなく、「全世界株式」派にとってのゴールとは、世界各国が順調に経済発展していく状況を見届けること、そして、その恩恵を受け取ることです。

牛の歩みも千里、未来のために種をまこう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


米国株式と全世界株式、どちらのインデックスに投資すればよいの?

私がインデックス投資をはじめようと思った時、米国株式(S&P500)にするか、全世界株式にするか、かなり迷いました。 それこそ、Google、YouTubeの検索キーワードに「全世界株式 s&p500 ...


米国株一強時代の終焉、世界株式へのバトンタッチ

本業の片手間で投資を行うなら、インデックス・ファンドがおすすめです。 私は「全世界株式」が本命だと考えています。 これまで約10年間、米国が世界経済をけん引してきたことは疑いようもなく、米国株投資は特 ...

インデックス投資を行う人なら必ず読んでおきたい本です。

モニターライトですが、これ私も買いました!
Amazonのレビューはいまいちですけど、私は満足してます。

-インデックス投資, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2022 All Rights Reserved.