投資雑記 PICK UP

2020年末、今後の投資に関する悩み

投稿日:

路地裏の牛です。

今年7月、投資方針書を公開しました。

現状とは、余りにもかけ離れていたので、3年をかけてリバランスすると宣言していました。

まだ、5ヵ月ぐらいしかたっていませんが、単なる先延ばし、だったかなと考え始めています。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響をあまく考えていた結果が、今の状況を作り出しているのは間違いありません。

ウイルスが、どうのこうのというより、すべては私の決断力の無さが引き起こした事態なのですから。

路地裏の牛の投資方針書

資産運用全般に対する方針として、投資方針書を制定します。 適用は、私の証券口座に限定し、妻、長女、次女の証券口座には適用しないものとします。 資産運用の目的 家族が心身共に豊かで健康な生活を送るための ...

新型コロナウイルスのワクチン、迷わず、あなたは接種できますか?

普段、ワクチン開発のニュースは関心を持ってチェックしています。

通常、4~5年をかけて、慎重に開発されるワクチンだそうですが、1年もかけず、開発されているのです。

本当に大丈夫なの?

接種してから、数年後、副作用が出たりはしないでしょうか?

外国製だと、日本人にも合うのかな、とか気になりませんか?

信頼性が高いワクチンなら、お金を出してでも、接種したいと考えますが、無料だから(税金なので本当の意味では無料ではありませんが)といわれても、接種する気持ちには簡単になれません。

しばらくは様子見をする人もいるのではないでしょうか。

子供たちに接種しても大丈夫と思えるようになるまでは、接種できないかもしれません。

全世界的な収束には時間がかかりそう

世界中の人々にワクチンが行き渡るには、かなりの時間がかかると思われます。

地域によっては、我先にと暴動が起きるかもしれません。

国民のために確保できる国と、自力では確保が難しい国も出てくるかもしれませんが、安全が何よりです。

接種が早ければよい、というものでもないでしょう。

個人的には、信頼性を確認できるまでには、少し時間がかかりそうだな、と思っています。

最近の悩みごと

現在、私が保有しているJ-REITは、インヴィンシブル投資法人(8963)だけです。

投資方針書通りにリバランスしようとすると、とりあえず、230株ほど売却する必要があります。

ちなみに、今日の終値で計算してみると、1株あたりの含み損は、11,944円ぐらいです。

ざっと、計算すると、275万円ぐらいの損失を受け入れる必要があります。

こんな時、あなたならどうしますか?

最近の私は、受け入れできそうな気がしています。

今後の精神的な部分とか、時間が大切なような気がしているので。

やり遂げれば、生活防衛資金(緊急予備資金)は1000万円に到達するでしょう。

枯渇させた時の私とは、さよなら、できます。

とりあえず、使わないお金として、1000万円を確保できれば、来年は安心して、投資に専念できるような気もしています。

緊急予備資金が枯渇しました

被災したり、生活上のリスクへの備えとして、一般的には毎月の生活費の半年分から1年分ぐらいの資金を準備しておくべきだと言われています。 この資金のことを緊急予備資金といいますが、我が家の緊急予備資金は現 ...

2021年は丑年ですね

2023年ぐらいまで待てば、新型コロナも収束して、含み損も解消するかもしれませんが、期待はできません。

あと、3年、若干のモヤモヤを抱えながら保有を続けるのか、それとも、今、モヤモヤを解消してしまうのか、それが問題です。

3年、待たなくても、自分の決断次第で、今すぐにでも、モヤモヤは解消できるんですよねぇ。

正直、待つか、攻めるか、で迷っております。。。

今年は何とか会社も大丈夫でしたが、来年はちょっと心配です。

最近、目もかなり悪くなってきました。

老化でしょうか。

さて、私はどちらの道を選ぶのでしょうか。

年内、結論が出るかどうかは分かりませんが、今、そんなことを考えています。

 
牛の歩みも千里、未来のためにタネをまこう!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ REIT・不動産投信へ

-投資雑記, PICK UP

Copyright© 路地裏の牛の資産運用 , 2021 All Rights Reserved.